雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


歴史学会第40回大会:シンポジウム趣旨文

マイノリティ史研究における主体性と構造

近年、日本社会におけるマイノリテイへの不寛容が、様々な局面で問題化している。在日韓国・朝鮮人を対象としたヘイトスピーチ、アイヌに対する排斥的な言説、移民に対するゼノフォビア的反応、
LGBTに対する人権侵害、妊娠に関する女性への差別的発言 。さらに、国会議員や地方議員、著名な作家など社会的影響力のある人物によって、排斥や差別がさまざまなかたちで称揚されているということが、問題にいっそう深刻な色を加えている。

例えば「労働移民」受け人れの必要性を指摘した作家は、一方でアパルトヘイト廃止後の南アフリカの住宅状況を否定的に論じて「居住だけは別にした方がいい」と記した。このコラムは内外の批判を浴びたが、それでもなお「リトル東京」や「チャイナ・タウン」を引き合いに出し、強制的隔離政策を支持していない、自発的な居住地の棲み分けは称揚されるべきだと反論した。しかし、「自発」とは、果たしてどのような状態なのであろうか。「強制」の対概念と単純に措定してよいのであろうか。ここに、日寸事問題を超えた歴史的な問いが存在している。

というのも、社会におけるマイノリティ集団を対象とした歴史研究は、長らく「強制」と「自発」を大きな枠組みにしてきた。すなわち、征服・植民地化・支配の構造を解き明かすことによって従属的存在とされる「客体としてのマイノリティ」という視座か、あるいは支配構造に対して抵抗する「主体としてのマイノリティ」という枠組である。

しかしながら、近年の歴史学は、構造と主体の関係について、いずれかに歴史の起動力を還兀せず、より複雑な権力作用のあり方を解明するものとなっている。主体は構造に影響されながら形成されるが、その制約の中で主体は選択・行為し、構造そのものに影響を及ぼし返していく。マイノリティ史研究においても、単純な強制と抵抗の二分法を超え、両者の関係の中に権力の作用を見ることによる新たな地平が切り開かれつつある。

そこで、今年度の歴史学会大会シンポジウムでは、時代・地域の異なるマイノリティ集団を取り上げる。歴史の中でそれらが、社会全体の構造との関係にいかなる影響や制約を受けながら、構造に対して働きかけてきたのか、その結果としていかなる状況が形成されてきたのかを考える。さらにそれらの比較検討を通じて、主体性と構造の関係史における成果や課題を共有したい。

以上の問題意識から、今回は3名の方々に報告をお願いした。

檜皮瑞樹報告では、19世紀のアイヌの訴願・逃亡といった行動や、強制移住への対応を取り上げ、和人との関係のなかでのアイヌの主体的営為を読み込み、客体化されたアイヌ像を改めて問い直す。

南川文里報告では、第二次世界大戦を挟んだ在米日系人社会というエスニック・コミュニティの解体と再編、そして「日系アメリカ人というイメージの編制が、どのようなメカニクスによってなされたかを探る。

大川謙作報告では、20世紀チベットの位置づけをめぐるポリティクスについて、中国とインドとの関係を軸に、「排除」と「包摂」というキーワードを手掛かりに考察する。

歴史学会では、2012年度大会「戦後歴史学とわれわれ」、2013年度「歴史学における図像史料の可能性一版画・広告・ポスター」、そして2014年度「軍隊と社会・民衆」というテーマで近年シンポジウムを積み重ねてきた。戦後歴史学の再検討を経たうえで、「図像史料」「軍事史」そして今回の「主体性・構造」というテーマを設定してきたわけだが、これらは以前から歴史学のなかで議論されてきたテーマであるともいえる。しかし、そのような従前のテーマを見つめ直し、その新たな動向を踏まえつつ、様々な問いを喚起することによって、対象とする時代や分野を横断した問題意識を共有する方策としてきたのである。今回もそのような歴史学会の近年の流れに沿う企画である。多くの方々が参加され、活発な議論となることを期待したい。

歴史学会企画担当
[PR]
# by rekigaku | 2015-10-30 13:12 | 歴史学会大会・総会

歴史学会共催:《国際シンポジウム》抵抗と協力の狭間で

《国際シンポジウム》抵抗と協力の狭間で―占領地・植民地における<グレーゾーン>国際比較の視点から―
 
日時:2015年12月5日(土)15:00~18:00
場所:明治大学駿河台キャンパス(御茶ノ水)リバティータワー14階1146教室
 (アクセス・マップはこちら;キャンパス・マップはこちら

  
近年の歴史学は近代ナショナリズムを背景とした敵/味方、協力/抵抗、支配/服従などの二分法的な歴史認識の行き詰まりを、いかに克服するかを喫緊な課題としている。特に、帝国主義支配に抵抗する民族解放運動やファシズム支配に抵抗するレジスタンス運動という既存の枠組みにおさまりきれない占領地・植民地における複雑な政治空間と政治過程を考察する歴史学の新たな方法が求められている。 帝国主義やファシズムの支配への対応の一つとして新たに提起されたものとして<グレーゾーン>という概念がある。帝国主義やファシズムの支配を受けて、アイデンティティの確保が極めて困難な条件の下で毎日の生存自体が切迫した課題となるような状況において、現地エリート層や民衆にとって<グレーゾーン>は主体的な積極的な選択肢の一つであったことを歴史的に検証する必要があろう。
 
《プログラム》
15:00~15:10 挨拶:渡辺紘良(歴史学会会長)
15:10~15:30 問題提起:髙綱博文(日本大学)
15:30~16:00 呉文星(台湾師範大学)「台湾植民地統治におけるグレーゾーン」
16:00~16:30 尹海東(漢陽大学)「韓国における植民地国家と植民地のグレーゾーン」
16:30~17:00 渡辺和行(奈良女子大学)「ナチ占領下フランスにおけるグレーゾーン」
17:00~18:00 デスカッション:
 コメンテーター:剣持久木(静岡県立大学)・広中一成(愛知大学)
 司会: 堀井弘一郎(日本大学)
 
会場費:無料
問い合わせ先:堀井弘一郎(hori-kou■nifty.com)■をアットマークに変えてください
科研費:占領地・植民地における<グレーゾーン>国際比較研究(基盤研究(C)研究代表・髙綱博文)
共催:歴史学会・日本上海史研究会

※日本上海史研究会HP:こちら
[PR]
# by rekigaku | 2015-10-30 13:10 | 月例研究会

2015年9月の例会

下記の通り月例研究会を行います。是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日時:2015年9月25日(金)19:00-20:30
会場:明治大学駿河台キャンパス研究棟3階第10会議室
 アクセス・マップ→こちら
 キャンパス・マップ→こちら
  
報告者:檜皮瑞樹氏(早稲田大学大学史資料センター)
報告タイトル:19世紀のアイヌ・和人関係と主体
[PR]
# by rekigaku | 2015-09-20 13:18 | 月例研究会

2015年7月の例会(2)

下記の通り月例研究会を行います。是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日時:2015年7月31日(金)19:00-20:30
会場:明治大学駿河台キャンパス研究棟3階第10会議室
 アクセス・マップ→こちら
 キャンパス・マップ→こちら

報告者:大川謙作(日本大学文理学部)
報告タイトル:包摂と排除の政治学-チベットにおけるインド的なものと中国的なもの(仮)
[PR]
# by rekigaku | 2015-06-29 18:24 | 月例研究会

2015年7月の例会(1)

下記の通り月例研究会を行います。是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日時:2015年7月10日(金)18:30-20:00
会場:明治大学駿河台キャンパス研究棟3階第10会議室
 アクセス・マップ→こちら
 キャンパス・マップ→こちら
  
報告者:南川文里(立命館大学国際関係学部)
報告タイトル:「エスニック・コミュニティ」の描き方-在米日本人社会における多人種性とトランスナショナリズム
[PR]
# by rekigaku | 2015-06-23 19:00 | 月例研究会

『史潮』新77号(2015年6月)

 
『史潮』新77号(2015年6月)

特集「軍隊と社会・民衆」

【特集論文】
辻本 諭「一八世紀イギリスの複合国家体制と軍隊-アイルランドにおける陸軍、とくに兵士のナショナリティに注目して-」

中野 良「軍隊を「歓迎」するということ-近代日本の軍・地域関係をめぐって-」

菊池一隆「台湾原住民の伝統生活と高砂義勇隊-台湾北部タイヤル族を中心に-」

中町信孝「マムルーク朝初期の軍隊とモンゴル系亡命軍事集団」

【自由論題報告要旨】
鈴木智夫「英国大東電報公司の中国進出と李鴻章・盛宣懐・張樹声」

兼子 歩「アメリカ同性婚運動の歴史的意味-エヴァン・ウルフソン『なぜ結婚は重要か』を中心に-」

【大会参加記】
野々瀬浩司/千葉正史

【書評】
乾賢太郎「高木大佑著、慶友社、二〇一四年『動植物供養と現世利益の信仰論』」

小沢洋輔「梅木哲人著、法政大学出版局、二〇一三年『新琉球国の歴史』」

【彙報】
[PR]
# by rekigaku | 2015-06-23 18:59 | 雑誌『史潮』

『史潮』新76号(2014年12月)

『史潮』新76号(2014年12月)

特集「歴史的景観復原の現在」

【特集論文】
藤田裕嗣「地籍図を用いた景観復原と災害復興」

平井松午「近世城下絵図の分析と課題-歴史GISからのアプローチ-」

赤石直美「土地台帳-地籍図による災害被災地域の復原」

宍戸克実「Pervitich火災保険地図(1922-1945年)でみる近代期イスタンブルのカフェ分布特性」

【論文】
山崎久登「御場肝煎制と江戸の町」

【書評】
関沼耕平「アンドリュー・ジョティシュキー著 森田安一訳『十字軍の歴史』」

【新刊紹介】
高尾善希『里正日誌』第八巻自万延元年至文久三年(東大和市教育委員会)

竹田進吾「加藤章著『戦後歴史教育史論-日本から韓国へ-』」

【彙報】
 
 

[PR]
# by rekigaku | 2014-12-07 12:00 | 雑誌『史潮』

歴史学会第39回大会・総会

歴史学会第39回大会

 日時:2014年12月7日(日)
 場所:明治大学駿河台校舎グローバルフロント1階グローバルホール
 (アクセスマップはこちら;キャンパスマップはこちら
 参加費:一般500円、学生(院生以下)無料
 
《自由論題報告》 10:00~11:00
10:00~10:30 鈴木智夫氏(元愛知学院大学教授)
  「英国大東電報公司の中国進出と李鴻章・盛宣懐・張樹声」
10:30~11:00 兼子歩氏(明治大学専任講師)
  「アメリカ同性婚運動の歴史的意味―エヴァン・ウルフソン『なぜ結婚は重要か』を中心に―」

《総会》 11:00~11:30

《シンポジウム》 12:30~17:40
テーマ「軍隊と社会・民衆」
12:30~12:40 趣旨説明
12:40~13:30 辻本諭氏(岐阜大学助教)
  「絶えざる移動と複合的構成―18世紀のイギリス陸軍―」
13:30~14:20 中野良氏(国立歴史民俗博物館機関研究員)
  「軍隊を『歓迎』するということ―近代日本の軍・地域関係をめぐって―」
14:20~14:30 休憩
14:30~15:20 菊池一隆氏(愛知学院大学教授)
  「台湾原住民の伝統生活と高砂義勇隊―台湾北部タイヤル族を中心に―」
15:20~16:10 中町信孝氏(甲南大学准教授)
  「マムルーク朝初期の軍隊とモンゴル系亡命軍事集団(ワーフィディーヤ)」
16:10~16:25 休憩
16:25~17:40 ディスカッション

《懇親会》 18:00~20:00
 会場:アカデミーコモン1階 カフェ・パンセ
 会費:4,500円(予定) *当日、受付にてお支払い願います。 
[PR]
# by rekigaku | 2014-11-08 16:50 | 歴史学会大会・総会

歴史学会第39回大会:シンポジウム趣意文

軍隊と社会・民衆

歴史学会では、一昨年度の大会シンポジウムを「戦後歴史学とわれわれ」と題して、戦後歴史学の回顧とこれからの歴史学についての展望を議論して以来、近年における歴史学の新しい方法論の可能性について取りあげることを指向してきた。昨年度は「歴史学における図像史料の可能性」と題して、図像史料を解読することの試みが歴史学にもたらした豊かな成果について議論した次第である。

今年度のシンポジウムでは「軍隊の社会史」をとりあげる。欧米において興隆したいわゆる「新しい軍事史」研究は、本来、戦争とのかかわりの中でのみ捉えられてきた、戦史としての軍事史ではなく、むしろ平時において、国家や社会とのかかわりの中に軍隊を位置づけようとしてきた。そのような新しい軍事史は、ながらく「軍事的なるもの」をタブー視してきた日本の歴史学界でも、1990 年代以降に急速に取り入れられ、いまや定着した感がある。しかし、新しい軍事史にもとづく本格的な論集が次々に刊行されたのはごく最近のことであり、多様な方法論や他分野との接合の可能性については、いまだ議論の途上にある。

そこで本年の歴史学会シンポジウムでは、日本、中国、ヨーロッパ、イスラム圏の各分野から軍隊の歴史にかかわる専門家をお招きして、軍隊と社会、民衆と軍隊、社会としての軍隊といった角度から「軍隊の社会史」の射程と課題について考える機会を設けることとした。

まず辻本諭氏は、常備軍が初めて組織された 17 世紀の後半から 18 世紀のイギリス陸軍において、実際に兵士となったのはどのような人々であったのか、特に近世イギリスの複合国家としての性格に留意しながら検討する。中野良氏は、日露戦争後の日本陸軍の各師団が毎年行う演習において、軍隊に対する過剰な接待を行おうとする地域社会と、それを厳格に禁止しようとする軍上層部の思惑のズレについて考察する。菊池一隆氏は、第二次大戦中の日本軍が植民地台湾においてリクルートした高砂義勇隊について、特にタイヤル族に焦点をあてて考える。最後に、中町信孝氏は、常備軍成立以前の前近代のイスラム世界をとりあげ、マムルークと呼ばれる軍人集団が国家を構成すると考えられてきたマムルーク朝において、亡命してきた軍事集団の位置づけについて分析する。

それぞれの地域・時代における軍隊の社会史、あるいは軍隊と社会や民衆との関係についての緻密な実証的成果をもとに、それらが歴史学全体にもたらす新しい知見についてともに考える機会としたい。
 
[PR]
# by rekigaku | 2014-11-08 16:49 | 歴史学会大会・総会

2014年10月の例会(2)

下記の通り月例研究会を行います。是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日時:10月24日(金) 18:30-20:00
会場:明治大学駿河台キャンパス研究棟4階第2会議室
 アクセス・マップ
  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
 キャンパス・マップ
  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

報告者:菊池一隆(愛知学院大学文学部)
報告タイトル:「台湾原住民の伝統生活と高砂義勇隊(仮)」
 
 

[PR]
# by rekigaku | 2014-09-23 21:26 | 月例研究会