雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

歴史学会第39回大会・総会

歴史学会第39回大会

 日時:2014年12月7日(日)
 場所:明治大学駿河台校舎グローバルフロント1階グローバルホール
 (アクセスマップはこちら;キャンパスマップはこちら
 参加費:一般500円、学生(院生以下)無料
 
《自由論題報告》 10:00~11:00
10:00~10:30 鈴木智夫氏(元愛知学院大学教授)
  「英国大東電報公司の中国進出と李鴻章・盛宣懐・張樹声」
10:30~11:00 兼子歩氏(明治大学専任講師)
  「アメリカ同性婚運動の歴史的意味―エヴァン・ウルフソン『なぜ結婚は重要か』を中心に―」

《総会》 11:00~11:30

《シンポジウム》 12:30~17:40
テーマ「軍隊と社会・民衆」
12:30~12:40 趣旨説明
12:40~13:30 辻本諭氏(岐阜大学助教)
  「絶えざる移動と複合的構成―18世紀のイギリス陸軍―」
13:30~14:20 中野良氏(国立歴史民俗博物館機関研究員)
  「軍隊を『歓迎』するということ―近代日本の軍・地域関係をめぐって―」
14:20~14:30 休憩
14:30~15:20 菊池一隆氏(愛知学院大学教授)
  「台湾原住民の伝統生活と高砂義勇隊―台湾北部タイヤル族を中心に―」
15:20~16:10 中町信孝氏(甲南大学准教授)
  「マムルーク朝初期の軍隊とモンゴル系亡命軍事集団(ワーフィディーヤ)」
16:10~16:25 休憩
16:25~17:40 ディスカッション

《懇親会》 18:00~20:00
 会場:アカデミーコモン1階 カフェ・パンセ
 会費:4,500円(予定) *当日、受付にてお支払い願います。 
[PR]
by rekigaku | 2014-11-08 16:50 | 歴史学会大会・総会

歴史学会第39回大会:シンポジウム趣意文

軍隊と社会・民衆

歴史学会では、一昨年度の大会シンポジウムを「戦後歴史学とわれわれ」と題して、戦後歴史学の回顧とこれからの歴史学についての展望を議論して以来、近年における歴史学の新しい方法論の可能性について取りあげることを指向してきた。昨年度は「歴史学における図像史料の可能性」と題して、図像史料を解読することの試みが歴史学にもたらした豊かな成果について議論した次第である。

今年度のシンポジウムでは「軍隊の社会史」をとりあげる。欧米において興隆したいわゆる「新しい軍事史」研究は、本来、戦争とのかかわりの中でのみ捉えられてきた、戦史としての軍事史ではなく、むしろ平時において、国家や社会とのかかわりの中に軍隊を位置づけようとしてきた。そのような新しい軍事史は、ながらく「軍事的なるもの」をタブー視してきた日本の歴史学界でも、1990 年代以降に急速に取り入れられ、いまや定着した感がある。しかし、新しい軍事史にもとづく本格的な論集が次々に刊行されたのはごく最近のことであり、多様な方法論や他分野との接合の可能性については、いまだ議論の途上にある。

そこで本年の歴史学会シンポジウムでは、日本、中国、ヨーロッパ、イスラム圏の各分野から軍隊の歴史にかかわる専門家をお招きして、軍隊と社会、民衆と軍隊、社会としての軍隊といった角度から「軍隊の社会史」の射程と課題について考える機会を設けることとした。

まず辻本諭氏は、常備軍が初めて組織された 17 世紀の後半から 18 世紀のイギリス陸軍において、実際に兵士となったのはどのような人々であったのか、特に近世イギリスの複合国家としての性格に留意しながら検討する。中野良氏は、日露戦争後の日本陸軍の各師団が毎年行う演習において、軍隊に対する過剰な接待を行おうとする地域社会と、それを厳格に禁止しようとする軍上層部の思惑のズレについて考察する。菊池一隆氏は、第二次大戦中の日本軍が植民地台湾においてリクルートした高砂義勇隊について、特にタイヤル族に焦点をあてて考える。最後に、中町信孝氏は、常備軍成立以前の前近代のイスラム世界をとりあげ、マムルークと呼ばれる軍人集団が国家を構成すると考えられてきたマムルーク朝において、亡命してきた軍事集団の位置づけについて分析する。

それぞれの地域・時代における軍隊の社会史、あるいは軍隊と社会や民衆との関係についての緻密な実証的成果をもとに、それらが歴史学全体にもたらす新しい知見についてともに考える機会としたい。
 
[PR]
by rekigaku | 2014-11-08 16:49 | 歴史学会大会・総会