雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『史潮』新74号(2013年12月)

『史潮』新74号(2014年12月)

特集「被統治者としてのムスリム」

【特集論文】
櫻井康人「マルシリオ・ゾルジの『報告書』に見るフランク人の現地人支配」

米岡大輔「ハブスブルク帝国によるボスニア占領とイスラームの対応」

矢久保典良「中国ムスリム団体にとっての宗教と「抗戦」-中国回教救国協会その理念を中心に-」

奈良雅史「「国家の余白」としての「宗教的なるもの」-中国雲南省昆明市における回教の結婚活動を事例として-」

【書評】
高山慶子「出口宏幸著『江戸内海猟師町と役負担』」

中村哲夫「久保田文次著『孫文・辛亥革命と日本人』」


【自由論代報告要旨】
藤井昭広

【月例会報告要旨】
森田安一

【彙報】
[PR]
by rekigaku | 2013-12-20 06:45 | 雑誌『史潮』

会長挨拶:2013年12月

会長の渡辺です。本年度の大会・総会に向けてのご挨拶は致しましたが、会長としての自覚が足りず、このブログでのご挨拶が遅れたことをお詫びしなければなりません。

まず最新号の74号はすでに刊行いたしております。会員の皆さんへの発送は役員の都合で20日になります。どうかご了承ください。

歴史学会の役員に復帰して1年経過いたしましたが、財政状況の好転に驚いております。会員数の増加はないのにかかわらず、編集費の節減に成功しているためと思います。かつての会の状況を考えますと雲泥の差であります。

ただ財政好転の割に雑誌のボリュームは相変わらず、74号も100ページ前後でありました。編集担当をはじめとする役員諸君の努力にもかかわらず、なかなか改善されていない現状を、会員の皆さんにお詫びしなくてはなりません。ただ特集のテーマは、「被統治者としてのムスリム」というユニークなものとなりました。

総会席上で申し上げたのですが、今回特集論文のほかは書評2本だけでございます。我々編集企画の負担の軽減を求めるだけでなく、会員の皆さんの研究成果ご発表の場として大いに活用いただくためにも、会員の皆様のご投稿を切にお願いいたす次第であります。財政好転の現状を踏まえ、できればページ数も増やしたく存じます。どうかよろしくお願いいたします。

今年度の大会シンポジウムは若い先生方の熱のこもった発表で盛会でした。ただ発表内容の多様性に比して議論の時間が足りなかったのが悔やまれます。最後になりましたが報告された先生方に厚くお礼申し上げます。

皆様良いお年をお迎えください。

以上、とりあえずご挨拶申し上げます。
[PR]
by rekigaku | 2013-12-17 18:28 | 会長挨拶

『史潮』投稿規定

『史潮』投稿規定

・本誌では、会員からの投稿を受け付けます。原稿の種類と字数は以下の通りです。
 論文:四〇〇字詰め原稿用紙四〇枚(一六〇〇〇字)以上八〇枚以内。
 研究ノート:同四〇枚(一六〇〇〇字)以内。
 脚注・図表(図表)も上記の字数に含めます(図表の換算については後述)。
 これ以外の原稿については、予め事務局へお問い合わせ下さい。

・原稿は三部(オリジナル一部+コピー二部)を事務局にお送りください。

・原稿はワープロ原稿、手書き原稿のどちらも受け付けます。

・ワープロ原稿の場合、A4判横サイズに縦書きで印字してください。また、データを保存した電子媒体(CD-ROMなど)を添え、ご使用のソフト名(word、一太郎など)を明記してください。

・手書き原稿の場合、原稿用紙で縦書き一マス一字とし、鉛筆書きはご遠慮ください。

・図表がある場合は、情報量や掲載に適切な大きさを勘案し、下記の方法にて字数を換算してください。
 -一頁に相当する大きさにて掲載する図表:一〇〇〇字
 -二分の一頁に相当する大きさにて掲載する図表:六〇〇字
 -四分の一頁に相当する大きさにて掲載する図表:三〇〇字

・図表(図版)は、別ファイルに図表原稿としてまとめ、出所を明記して提出してください(区別するため、筆者作成の場合は「出所:筆者作成」と明記)。また、図表にはタイトルを付してください。

・投稿原稿は、審査の上採否を決定します。採択の場合でも、修正をお願いすることがあります。

・審査の結果は、投稿からおおむね四か月以内にご連絡いたします。

・他誌との二重投稿は認められません。

・採択の決定後、英文タイトルと英文要旨(二〇〇字程度)をご提出頂きます。英文要旨は、入稿前に執筆者がネイティブチェックを受けてください。

・発行から一定期間を経た後の他媒体(電子ジャーナルなど)での公開をご了承ください。

・掲載原稿の転載には学会の許可を要します。ご希望の際は事務局にお問い合わせください。

・送付先
 〒一〇二-〇〇七二 東京都千代田区飯田橋四-四-八
  東京中央ビル (株)同成社内
  歴史学会事務局
 

(2016年12月改訂)
[PR]
by rekigaku | 2013-12-03 21:08 | 投稿規定