雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

歴史学会と私(3):松浦義弘

会長職を引き受けさせていただいてから、もうかれこれ3年がたつ。その間、いろいろなことがあり、いろいろ感じるところもあった。

事務局の問題もそのひとつである。歴史学会の事務局は、これまでは会長が勤務する大学におかれてきた。しかし私の場合、本務校に事務局をおくことが困難だったため、学外に事務局を求めることになった。幸いにも、阿部猛先生や前理事の浦井祥子さん(徳川林政史研究所研究員)などの尽力のおかげで、2008年6月に同成社の社長と契約を交わし、同社内に事務局を移転することができた。それから今日まで事務作業は、事務局員の奮闘もあってかなり順調だが、問題がすべて解決したわけではない。とりわけ、『史潮』のバックナンバーは前理事の外池昇さん(成城大学文学部教授)の研究室におかせてもらっている状態で、その保管スペースの確保が懸案となっている。

歴史学会の母体である東京教育大学がもはや存在しないという現実が会の運営にとっていかに厳しいかも、しみじみ感じている。ほうっておけば、会員の高齢化とともに会員が減少し、会は衰退に向かわざるをえない(これは財政問題ともむすびついている)。また、私が理事をやっていた時代は、理事のほとんどが東京教育大学出身者であったが、現理事には東京教育大学出身者がひとりもいない。したがって私は、当初から、当会に固有の二つの課題に対処することを運命づけられていたといえる。つまり、新しい会員を恒常的に本会にリクルートすること、そして上の世代と下の世代とを橋渡しすること、がそれである。そのために、本会をながらく担ってこられた先生方に基調講演をやっていただいたり、ブログで本会を紹介する文章を書いたりしてきたが、本会の現状を維持するにとどまっているのが実情である。

そんなわけで、まだまだ課題山積であり、残された任期中に何ができるかを考える日々である。なによりも、本会の活動を会員以外の方にも知っていただくための媒体である会誌の充実やホームページの再開・充実が必要であると考えている。
[PR]
by rekigaku | 2011-12-04 08:00 | 歴史学会と私

歴史学会と私(2):松浦義弘

歴史学会の理事を辞めて以後、歴史学会とはながらく淡い関係がつづいた。理事時代に「五十嵐報告にかんするコメント」(『史潮』新33・34合併号)を書いたり、自由論題の報告者であった深草正博(現皇學館大学教授)さんに質問したりしたことはあったが、これまで一度としてきちんとした論文を『史潮』に書いたこともなかった。月例研究会や毎年の大会からもすっかり足が遠のいていた。

そんな状態だったから、前会長の吉原健一郎先生から一度お会いしたいと丁重なお手紙をいただいたときには、どういう意味なのか、まったく想像もできなかった。吉原先生と成城大学の先生の研究室でお会いして、会長職を引き継いでほしいと言われてはじめて、手紙の意味が理解できた次第だった。会長職のお申し出があったとき、自分にその資格があるのか,ずいぶんと悩んだ。私は本学会の母体である東京教育大学の出身でもなかったし、理事を辞めていらい歴史学会とはきわめて淡い関係にとどまっていたからである。しかも、初代の和歌森太郎会長からつづく歴代の会長は研究者として立派な業績を有し、年齢的にも「長老」といってよい年齢で会長職に就いていた。

しかし吉原先生から歴史学会の事情を事細かに聞くうちに、これも何かの縁かと感じたことも確かだった。生まれてはじめて犬を飼って生活が一変してしまったことや、世界的な金融危機の勃発やアメリカ史上初の黒人大統領バラク・オバマの政権が誕生したことなど、自分をとりまく内外に大きな変化があったということもある。なにより、本会より規模の大きな史学会や歴史学研究会は海外研修などを機会に脱会してしまっていたが、歴史学会は、会員でありつづけていた。小規模学会である歴史学会の財政状態が何となく不安だったからである。こうして私は、吉原先生の話に何か因縁めいたものを感じて、数日後には歴史学会の会長職を引き受けていた。
[PR]
by rekigaku | 2011-12-03 12:00 | 歴史学会と私

歴史学会と私(1):松浦義弘

1985年5月のある日、古代ローマ史の研究者である後藤篤子さんから頼まれて、月例研究会で報告したことがあった。フランス革命期におこった「九月の虐殺」という民衆による暴力的事件について二週間ほどにわか勉強をして、弘文堂の社屋の一室でつたない報告をしたことを覚えている。たしか、イギリス史の穂積重行先生が会長の時代であり、東洋史の小島淑男先生が質問してくれた。それが、私と歴史学会との出会いであった。それから数年後の1991年、今度もまた後藤篤子さんに誘われて、歴史学会の理事になることを引き受けていた。

そんなわけで、1991年から1996年までの六年間、阿部猛先生と故中村義先生が会長の時代に、おもに企画担当として理事を務めさせていただいた。そんなに長いあいだやっていたとは今では信じられないが、あまり苦にならなかった。まだ若くて、エネルギーがあったということなのかもしれない。しかし同時に,企画担当理事の活動を楽しんでいたことも確かであった。

当時の理事仲間には、西洋史畑だけ名前をあげても、古代ギリシア史の桜井万里子さん、イギリス史の見市雅俊さん、音楽史の上尾信也さん、それに後藤さんと、個性的な理事ばかりで、理事会や月例研究会やその後の飲み会が談論風発の場となり、「祭り」のようだった。「史料再考」をテーマとした大会も、その延長であった。ケルト美術史の鶴岡真弓さん(現多摩美術大学教授)、建築史の五十嵐太郎さん(現東北大学教授)、日本中世史の保立道久さん(現東大史料編纂所教授)、英文学の富山太佳夫さん(現青山学院大学教授)など、現在各分野の第一線で活躍している当時気鋭の研究者と事前の勉強をもとに交渉し、月例研究会や大会での報告をお願いするなど、ずいぶんと勝手に好き放題なことをやっていた。大会も今では信じられないほどの会員や一般人が参加し、盛況だった。今から振り返れば、歴史学会の「黄金時代」であったといえるかもしれない。
[PR]
by rekigaku | 2011-12-02 19:43 | 歴史学会と私