雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

歴史学会第36回大会・総会

歴史学会第36回大会

 日時:2011年12月4日(日)
 場所:明治大学駿河台校舎アカデミーコモン9階309A教室
   (アクセスマップはこちら;キャンパスマップはこちら
 会場費:一般は1,000円,学生(院生以下)は無料

*自由論題報告* 10:00~11:30
10:00~10:30 相川浩昭氏(成城大学民俗学研究所研究員)
          「室町期勧修寺流藤原氏のネットワーク」
10:30~11:00 今井昭彦氏(宗教史家)
          「忠霊塔建設と戦没者慰霊―靖国問題によせて―」          
11:00~11:30 上村敏郎氏(筑波大学人文社会系特任研究員)
          「18世紀末ハプスブルク君主国における出版業の制度的問題
―ウィーン書籍商ヴーヘラーの廃業処理を例にして―」

*総 会* 11:30~12:00

*シンポジウム* 13:00~17:30
テーマ「都市の『再開発』の諸相」

13:00~13:05 趣旨説明
          シンポジウム趣意書はこちら
13:05~13:50 松山恵氏(明治大学文学部専任講師)
          「東京市区改正事業に関する一考察―都市史的観点から―」
13:50~14:35 初田香成氏(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻特任助教)
          「雑居ビルから見る戦後東京の都市再開発―ニュー新橋ビルを主な例に―」
14:35~14:45 休憩
14:45~15:30 菊池敏夫氏(神奈川大学付属高校教諭)
          「租界都市・上海における近代的都市空間の形成―南京路を例に―」
15:30~16:00 羽貝正美氏(東京経済大学現代法学部教授)
          コメント:西洋都市研究および都市行政・政策学の立場から
16:00~16:15 休憩
16:15~17:30 ディスカッション

*懇親会* 18:00~20:00
 会場:アカデミーコモン1階 カフェ・パンセ
 会費:4,000円(予定) 当日、受付にてお支払い願います。 
[PR]
by rekigaku | 2011-10-16 10:43 | 歴史学会大会・総会

歴史学会第36回大会:シンポジウム趣意書

2012年度歴史学会第37回大会シンポジウム

テーマ:「都市の『再開発』の諸相」

近代以降の加速化した経済発展,人口増加,および産業構造の高度化にともなう都市人口の著しい増加は,都市における過密化,衛生状態の悪化,交通停滞による商業的機能の低下,景観の悪化など,様々な問題を引き起こすことになった。そうした問題を前にして,多くの都市においては,①都市の拡大(郊外化),②都市の分散化(衛星都市・田園都市計画),③都市中心部の再開発などが,19世紀および20世紀を通じて進展することになる。

今回のシンポジウムにおいては,とくに③の都市中心部における再開発に焦点を当てる。すでにあるものを意図的に破壊し,作り変えるという点で,都市中心部の再開発は極めて困難でまた複雑な事業であり,そこでは自ずと,様々な理念,利害,思惑が交錯することになる。近現代の日本・東洋・西洋における都市中心部の再開発は,どのような主体・担い手のいかなる理念によって,またいかなる利害や思惑の影響を受けて進められたのであろうか。その際,再開発される側の人々はどこまで計画・事業に参画しえたのであろうか。またそこにおける公共性と私的所有の関係は,いかに調整されたのであろうか。そして再開発の結果生まれた新しい都市は,後の都市社会にどのような影響をもたらしたのであろうか。

以上の問いに対し,本シンポジウムでは,近現代の東京の再開発および植民地時代の上海の再開発を専門とする研究者に報告をいただくとともに,近代パリの再開発と都市行政・政策学に造詣の深い専門家からコメントをいただく。それらを通じて,各々の都市や時代における再開発に見られる特徴や共通性を浮き彫りにすることも本シンポジウムの目的としたい。

なお,今回のテーマ設定には東日本大震災とそれからの復興に対する関心が影響をおよぼしている。むろん,ここで取り上げる都市と,大地震および津波によって甚大な被害をこうむり,意図せぬ形で破壊された東北の港湾都市とは環境や状況などで大きな相違がある。しかしその復興が,復興に関わる様々な主体・担い手の錯綜する多様な思いや利害に影響され,またその調整を図りつつ進められている現状を考えるならば,時代や場所や状況を異にしてもなお,ここで取り上げる各都市の再開発と一定の共通性があるように思われる。本シンポジウムが東北の復興を考える際の一助になれば幸いである。


【報告】
・「東京市区改正事業に関する一考察―都市史的観点から―」
松山恵氏(明治大学文学部専任講師)

・「雑居ビルから見る戦後東京の都市再開発―ニュー新橋ビルを主な例に―」
初田香成氏(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻特任助教)

・「租界都市・上海における近代的都市空間の形成―南京路を例に―」
菊池敏夫氏(神奈川大学付属高校教諭)

【コメント】
・西洋都市研究および都市行政・政策学の立場から
   羽貝正美氏(東京経済大学現代法学部教授)
[PR]
by rekigaku | 2011-10-16 10:29 | 歴史学会大会・総会

会長挨拶

秋の深まりとともに、朝晩はめっきり冷え込むようになりました。歴史学会の会員の皆さま、お変わりなくお過ごしのことと思います。

さて、今年度のシンポジウムも「都市」に焦点を当て、「都市における「再開発」の諸相」をテーマにおこなうことは、すでに以前の「挨拶」でお知らせしましたが、いよいよシンポジウムの報告の詳細をお知らせすることができるようになりました。

日本に関しては、当初は、関東大震災後の東京の「再開発」などが念頭にあったのですが、関東大震災がらみで報告者を探すことができず、結果的に、明治期と戦後期を専門とするお二人の研究者に報告をお願いすることになりました。その一人は、幕末から明治にかけての東京の変化を空間、社会、文化の諸相から考察してきた松山恵さん、もう一人は、戦後の東京の再開発、とくに盛り場における雑居ビルの形成と変容を中心に研究してきた初田香成さんです。

従来の日本の都市計画史はほとんど制度史からのアプローチでしたが、お二人とも事業の実態を人間集団の多彩な運動からとらえており、東京を良く知っている人にとっても,東京の新たな側面に目をひらかれるところがあると思います。ぜひとも江戸の専門家からのリアクションによって、江戸と明治の東京の、さらには戦後の東京との対話が成立すれば、と期待しています。

東洋に関しては、植民地時代の租界都市・上海を研究してきた菊池敏夫さんに報告をお願いしました。これまでのシンポジウムでは、日本史と東洋史の報告にくわえて、西洋史の報告を立ててきましたが、今回は西洋史固有の報告は立てず、その代わりに、オスマンのパリ都市改造だけでなく、日本の都市再開発にも造詣が深い羽貝正美さんに、「再開発」を論じるさいに踏まえるべき論点を中心に広い視点からコメントしていただくことになっています。

歴史学会の会員の皆さまには、ぜひとも大会に参加していただき、議論をもりあげていただければ、と願ってやみません。


2011年10月 歴史学会会長 松浦 義弘
[PR]
by rekigaku | 2011-10-11 05:57 | 会長挨拶

『史潮』新69号(2011年8月)

『史潮』新69号(2011年8月)

特集「都市社会における危機と対応-地震・煙害・ペストー」

【特集論文】
西山昭仁「文政京都地震(一八三〇年)における被害状況と震災対応」

赤津正彦「十九世紀イギリスの煙害問題と都市環境-首都ロンドンを中心にー」

戸部 健「清末天津におけるペストの流行とそれへの対応」


【自由論題報告要旨】
横山考之輔「広小路預かりに関する一考察-江戸橋広小路を事例に-」


【大会参加記】
滝口正哉/綿貫哲郎


【書評】
出口宏幸「岩橋清美著『近世日本の歴史認識と情報空間』」


【新刊紹介】
三木健詞「銭単士釐 撰/鈴木智夫 訳注『癸卯旅行記訳注 銭稲孫の母の見た世界』」
[PR]
by rekigaku | 2011-10-02 07:04 | 雑誌『史潮』