雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『史潮』新68号(2010年11月)

『史潮』新68号(2010年11月)

特集「歴史学と宗教研究」

【特集論文】
山道佳子「十八世紀後半のスペインにおける「バロック的信仰」と「脱キリスト教化」の再検討―バルセローナ市の職人とその妻たちの遺言書から―」

田瀬 望「十八世紀フランスにおけるフリーメイソンと宗教―研究の動向と展望―」

小武海櫻子「近代中国の新興宗教結社について―近年の研究動向とあわせて」

菅野洋介「武蔵野新田成立と寺院創出~寺社奉行の動向をめぐって~」

加藤紫識「都市における同業神信仰」


【論文】
上野聖薫「一八六〇年代初頭の中国における上海欽差大臣改編論議」


【書評】
大橋毅顕「大石学編『一九世紀の政権交代と社会変動―社会・外交・国家―』」

髙山慶子「片倉比佐子著『大江戸八百八町と町名主』」

古川高子「升田大和彦著『ワイマール期ドイツ労働組合史 職業別から産業別へ』」

加藤 貴「竹内誠著『寛政改革の研究』」


【新刊紹介】
岩崎信夫「加藤正彦、八耳文之編『黒羽清隆歴史教育論集』」

山崎久登「竹内誠著『江戸文化の見方』」

山崎久登「長谷部弘・高橋基泰・山内太編『近世上田領上塩尻村の総合研究・別巻 飢饉・市場経済・村落社会―天保の凶作からみた上塩尻村―』」


【月例会報告】
[PR]
by rekigaku | 2010-12-24 07:55 | 雑誌『史潮』

歴史学会趣旨

当会は1977年以来、特定の大学あるいは研究所に所属しない学会として、月に1度の研究会、年に1度の大会・総会の開催、および年2回の会誌『史潮』の刊行を中心に活動しています。

当会では、日本・東洋・西洋の歴史学を中心に、考古学・民俗学・文化人類学さらに思想史・美術史・音楽史など、人文科学・社会科学の多方面にわたる領域において、学際的な研究活動を行っています。

当会には、大学や研究機関のほか、高等学校・中学校などの教育機関、博物館・資料館などの諸機関、またいずれの機関にも属さない在野の研究者も多く会員として在籍しており、より視野の広い研究を志しています。

こうした特質により、当会では歴史学に関わる関連諸分野からの論考を補いながら、歴史学が直面しているさまざまな課題に、積極的に取り組んでおります。
[PR]
by rekigaku | 2010-12-23 15:20 | 基本情報

歴史学会会則

第一条 〔名称〕本会は歴史学会と称する。

第二条 〔事務所〕本会の事務所は東京都、もしくはその近県に置く。

第三条 〔目的〕本会は、日本および世界における歴史事象の実証的研究を通じて、歴史研究の理論・方法論ならびに歴史教育の進歩に貢献することを目的とする。

第四条 〔事業〕本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
    (1)会員の研究に資する情報の交換、会員相互の連絡。    
    (2)内外諸関係学会、研究機関団体などとの連絡、交流、協力。
    (3)特定課題をもってする調査研究組織の結成の斡旋と活動の援助。
    (4)研究報告会、セミナー、講演会などの開催。
    (5)年一回の会員総会開催。
    (6)機関誌の定期発行。
    (7)出版物の刊行。
    (8)その他本会の目的を達成するに意義ある事業。

第五条 〔分科会〕本会は、前条の事業を行うため諸種の分科会に分かれて活動することがある。

第六条 〔会員〕本会の趣旨に賛同し、所定の会費を納入する研究者個人を会員とし、会員は第四条に定める事業に参加できる。学会その他研究機関が団体として会費を納入したものは、機関誌、刊行物の購読会員とし、本会のその他の事業には参加しない。本会は、会活動に功労のあったもので理事会において推薦し、総会において承認されるものを名誉会員とする。
    本会の目的に賛同し、その事業を援助する個人または法人で、理事会が承認するものを賛助会員とする。

第七条 〔退会・除名〕会員は本人の申し出により退会することができる。
    会員で、本会の名誉を著しく傷つけたものは、理事会の議にもとづき除名することができる。

第八条 〔役員〕本会の事業を運営するために次の役員をおく。
    役員の任期は二年とする。但し、三期以内の重任を妨げない。
1 会長一名 理事会の推挙により決定し、この学会を代表し、理事会の運営を統括する。
2 常任理事五名 理事の互選によって決定し、会長を補佐して庶務、会計、編集、企画を分掌して理事会の運営にあたる。
3 理事三十五名以内 会員総会において選出決定し、会の運営にあたる。
4 監事 会員総会において選出決定し、本会の会計および会務執行状況を監査する。
5 委員 理事会の委嘱により委員若干名を置くことができる。

第九条 〔運営〕本会は次の運営組織をもつ。
1 総会 購読会員、名誉会員、賛助会員を除く全員をもって構成し、学会の意志と運営方策決定にあたる。総会は少なくとも一年に一回会長が招集開催する。決議は委任状を含めて出席会員の過半数の同意によるものとする。
2 理事会 理事をもって構成し、本会の事業運営と執行の責任を負う。理事会は会長が招集し全理事の過半数の出席をもって成立し、決議は委任状を含めて出席者の過半数の同意によるものとする。
3 常任理事会 理事会の委託を受け会長のもとで本会の通常会務を執行する。

第十条 〔経費〕本会の経費に、会費、賛助会費、寄付金等をもってあてる。会費は附則に定める。本会の会計年度は毎年十一月一日に始まり、翌年十月三十一日に終わる。本会の予算、決算は、理事会が総会の審議承諾を得ねばならない。

附 則 〔会費〕個人・団体購読会員とも年額五、〇〇〇円とする。
     学生会員は年額三、〇〇〇円とする。
     終身会費は一〇〇、〇〇〇円以上とする。
     個人賛助会費は年額二〇、〇〇〇円とする。
     法人賛助会費は年額五〇、〇〇〇円以上とする。
     名誉会員からは会費を徴さぬが会のあらゆる事業に参加を請い得るものとする。

〔機関誌〕誌名は『史潮』とし、年間春、秋二回発行する。その編集は理事会委嘱の委員が編集担当理事とともに行う。

〔会則の変更〕本会の会則の変更は、総会における委任状を含めて三分の二以上の出席会員の同意によって行われるものとする。


会費振込先  みずほ銀行/駒込支店/普通六八六七七六
(口座番号) 郵便振替/〇〇一七〇-〇-二二四三一


(『史潮』新68号、2010年11月より転載)
[PR]
by rekigaku | 2010-12-23 15:19 | 基本情報

入会案内

当会の趣旨に賛同される方であれば、いずれの資格も問いません。
ふるってご入会下さい。

なお、年会費は5,000円(学生は3,000円)です。入会されますと、

 ・『史潮』年2冊の配布、同誌へのご投稿資格取得
 ・大会自由論題でのご報告資格取得
 ・大会・総会の案内状送付 

などの特典があります。
入会ご希望の方は、

氏名、住所、電話番号、所属、専攻、メールアドレス

をご記入の上、メールにてお申し込み下さい。
[PR]
by rekigaku | 2010-12-23 15:17 | 基本情報

連絡先

当会への連絡及び問い合わせは、
メールにてお願いします。


rekigaku◇yahoo.co.jp
(◇をアットマークに換えてください)


こちらから折り返し返信させて頂きます。

よろしくお願い申し上げます。




-----
歴史学会
[PR]
by rekigaku | 2010-12-23 15:00 | 連絡先

コンテンツ及びブログ移設

現在、歴史学会メインページは、諸般の事情により更新停止状態となっております。

それをふまえて、歴史学会メインページのコンテンツはこちらに移設することにしました。同様に、過去のブログデータ(「歴史学会ブログベータ版」「歴史学会blog」)も併せて、こちらにすべて統合することとしました。ただし、「歴史学会掲示板」はこれまでどおり使用できます。

今後、大会・月例会の予定及び『史潮』の情報は、こちらで案内させて頂きます。

それではよろしくお願いします。



【歴史学会内部リンク】(サイドバーのリンクと同じ)

歴史学会メインページ:http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekigaku/

歴史学会掲示板:http://6603.teacup.com/rekigaku/bbs

歴史学会ブログベータ版(2009年8月~2010年11月):http://blogs.yahoo.co.jp/rekigaku

歴史学会blog(2005年7月):http://blog.goo.ne.jp/rekigaku


(2010年12月記)
[PR]
by rekigaku | 2010-12-23 14:55 | 更新情報