雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第7回月例研究会

・日時   2007年10月19日(金) 18:30から 
報告   岡田敏樹氏(神奈川県立綾瀬高校教諭)
会場 明治大学リバティータワー12階

報告の骨子
近年、高校の現場では歴史教育の「教育内容」についての議論が大変低調であると感じます。職場の多忙化も原因の一つではありますが、それ以上に関連があると思われるのが「要求される授業改善」の動きです。乱暴に要約すれば、「教えるべき内容は文部科学省が学習指導要領で決める」「現場の教員はそれに余計な口をはさむな」「お前たち教師は生徒や保護者に評価されるよう授業のやり方を工夫せよ」という動きです。

いまや、講義一辺倒の授業が成り立たないのは、高校で広く見られる現象です。生徒の視線で授業を工夫することは悪いことではありません。問題は行政からの動きも含めて、現場の教員が「教育内容」に対する関心が希薄になり、「教育技術」にのみ関心を持つようになっているのではないか、という点にあります。

こうした問題点を、実際の歴史教育の場で議論されているいくつかのテーマを素材に検討してみたいと思います。

発表要旨
2007年教科書問題ともいうべき「沖縄戦検定」をめぐる沖縄県民の動向は、歴史教育・歴史研究に何を問いかけているのだろうか。研究の側からの批判に耳を傾けると同時に、教育に携わる者として、改めてこの問題を歴史教育・社会科教育を見直す好機とすべきであると考えたい。

報告では、まず、高校現代社会で「沖縄戦検定」を取り上げた授業実践を紹介した。授業では、沖縄戦における「集団自決」とは何か、それをめぐる教科書検定はどのように行われたのかを取り上げた。生徒が使用している教科書には何と書いてあり、検定の結果、その記述はどう変わるのか、沖縄修学旅行「チビチリガマ」での体験学習をふまえて、生徒に考えさせた。

一方、この間、社会科教育にも「構成主義」の影響が及んでいる点を紹介した。「新しい学力観」と「構成主義的歴史教育」をどうとらえるべきか、池野範男氏による「批判主義「市民社会科」」の提起を紹介した。さらにこうした問題提起がなされるなかで、歴史教育における「通史」学習を小中高校の社会科教育のなかで、今現在、どう考えるべきかについて、近年の議論を紹介した。
[PR]
by rekigaku | 2007-10-19 19:13 | 月例研究会