雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第5回月例研究会

・日時   2007年6月22日(金) 18:30から 
報告   佐野実氏(一橋大学大学院経済学研究科
      経済史・地域経済専攻)
   「滬杭甬鉄道建設事業における方針転換の背景とその意義」
会場 明治大学リバティータワー20階

発表要旨
本報告は、滬杭甬鉄道建設事業を例に、光緒新政期における鉄道政策方針転換の背景とその意義について議論したものである。清朝は光緒新政期に、列強からの借款貸付要求の圧力に屈し、それまで公認していた民間独力での自弁建設を否定し国有化と借款建設に方針を改めたとされる。その最初期の例として著名なのが滬杭甬鉄道である。

本報告では、先ず滬杭甬鉄道自弁建設の経営効率性を、資材や技術等準備の不足、用地買収等施工段階での躓き、建設資金の不足等から真に非効率的であったことを述べた。続いて、清朝がこうした現状を認識した上でイギリスとの借款契約交渉に際し、かの国をドイツと競合させることで優位に立ち続けた結果、従来の鉄道借款契約よりも格段に有利な条件での契約締結に成功した点を明らかにした。

清末の借款導入・国有化政策は、単に列強の借款貸付要求に圧されて採られた方針ではなかった。可及的速やかな全国鉄道網整備を志向する清朝にとって自弁建設は非効率的であったため、これを改善すべく主体的に採られたものであった。鉄道政策転換の最初期に於いてこのような背景が在ったことを示す事例として、滬杭甬鉄道建設事業は清末鉄道史及び外交史上にも大きな歴史的意義を有すると考える。
[PR]
by rekigaku | 2007-06-22 19:07 | 月例研究会