雑誌『史潮』を発行する歴史学会のブログ。本誌では随時投稿を受け付けます。詳しくは下記カテゴリ内「投稿規定」へ。
by rekigaku
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
会長挨拶
基本情報
歴史学会大会・総会
月例研究会
雑誌『史潮』
投稿規定
歴史学会と私
過去ログ
更新情報
連絡先
その他
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
2018年 07月
2018年 04月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2009年 11月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2002年 11月
2002年 05月
2001年 11月
2001年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第3回月例研究会

・日時  2007年4月24日(火) 18:30から 
報告   綿貫哲郎氏(日本大学非常勤講師)
   「清朝における八旗漢軍旗人の多元性について」

発表要旨
八旗漢軍旗人とは、一般には清朝(後金国を含む。1616~1911年)八旗制度のもとにいた漢人を指す。

八旗漢軍旗人の分類に関しては、これまで入関(一六四四年の北京遷都)が境界とされ、入関前の八旗漢軍旗人が特権的(世襲が無期限の世職[爵位]を有する)といわれた。これは清朝の中国王朝的側面を補完するものであった。報告者は、近年の清朝を内陸アジア世界の帝国として捉える研究の視座より、新たな知見を得ることができた。すなわち、「旧漢人」「新漢人(入関前)」「新漢人(入関後)」の三大分類である。

「旧漢人」は、主に第一世代が清太祖ヌルハチの庶子と姻戚関係(交換婚)にあり、第二世代以降には地位が上昇し旗王(清太祖ヌルハチの嫡子孫)と姻戚関係を結ぶが、旗色については第一世代の姻族と行動を共にする漢人集団を指す。「新漢人(入関前)」は、清太宗ホンタイジ期に清朝に帰順した明朝の旧官兵を指すが、彼らは入関後もドルゴン期終了までは、これまで言われたような特権的身分ではなかったことを、ドルゴン期の同時代資料がないため、誥命・勅書(共に清朝皇帝が与えた爵位等の証明書)等から明らかにした。
[PR]
by rekigaku | 2007-04-24 19:05 | 月例研究会